• カテゴリー別アーカイブ 財政
  • 武蔵野市の財政の特徴②~武蔵野市は公共施設の床面積が多い!建設費高騰の影響も受けて財政を大きく圧迫!

    いつもお世話になっております。
    武蔵野市議会議員の小林まさよしです。

    武蔵野市の財政に関連した特徴①として、『圧倒的に財政的に豊かな自治体』についてご報告いたしましたが、多くの方から「市の財政運営は問題があると考えられ、行財政改革は必要だ」という主旨の返信を頂きました。ありがとうございました。

    また、ご意見の中には、『行財政改革』について市民と勉強会を行って市民と一緒に執行部に働きかけるのはどうかという話もありました。

    議会内外での積極的な情報発信によって周知・啓発を行っていきたいと思いますが、市民の皆様と協働によってこの問題に対処していくことも有効な手段だと考えています。その際にはご相談させていただきたいと思いますが、ご協力よろしくお願いします。

    さて、今回は、武蔵野市の特徴②として、「武蔵野市は公共施設の床面積が多い!建設費高騰の影響も受けて財政を大きく圧迫!」について以下の通り、お知らせします。


    【武蔵野市の財政の特徴②~武蔵野市は公共施設の床面積が多い!建設費高騰の影響も受けて財政を大きく圧迫!】

    1.武蔵野市の公共施設の床面積の状況~近隣自治体の1.4倍もの床面積!

     武蔵野市の公共施設等の床面積は、令和4年1月1日時点で約30.2万㎡あると報告されています。市民一人当たりにすると2.04㎡になります。 

     この武蔵野市の市民一人当たり床面積の状況を近隣自治体と比較すると以下の表の通りになりますが、近隣自治体が1.5㎡前後です。従って、武蔵野市は近隣自治体よりも1.4倍も多くの公共施設等の床面積を保有していることになります。 

     現在、ウクライナへの軍事侵攻に伴う資材不足や円安の影響、そして、人手不足で建設費は大きく高騰しており、議会においても、執行部は「高騰前の想定よりも建設費は1.5倍程度に増加する見通し」という答弁を繰り返しています。 

     そもそも他の自治体よりも多くの公共施設等を保有していることから、多額の税金を今後の老朽化に伴う立て直しや改修に係る費用として投入しなければならない状態にあるのですが、更に建設費高騰の影響を近隣自治体よりも大きく受けることになります。武蔵野市では、公共施設等の再整備について将来的に財政的な負担が大きく増加する構造となっています。

    【市民一人当たり公共施設等床面積の状況】

    2.武蔵野市の公共施設等の再整備費用はこの先30年間で『4500億円』!?これまでの再整備費用から『倍増』する見込み!

     武蔵野市の公共施設等の再整備費用はいくらになるかということですが、

    ・平成29年2月に公表された第1期公共施設等再整備計画
     (以下、「第1期計画」とします)
    ・平成4年3月に公表された第2期公共施設等再整備計画
     (以下、「第2期計画」とします。)

    において、ともに30年間で見込まれた再整備費用の総額は『約3000億円』とされていました。年平均は「100億円」となります。武蔵野市の一般会計の予算規模が700億円から800億円であることからすると、多額の費用が掛かることは間違いありませんでした。 

     しかし、直近の市の答弁はこの時期の想定よりも1.5倍程度増加しているということから考えると、この先30年間の再整備費用は『4500億円』を前提とするのが妥当だと考えられます。年平均では「150億円」になり、一般会計の20%を占める状況になります。

    【公共施設等再整備費用の以前の見通しと現状の見通し】

     公共施設等の建設費用を会計上は「投資的経費」というのですが、武蔵野市の「投資的経費」は平成22年度から令和4年度までの平均値が「72.5億円」となっています。これがこの先、倍増して毎年「150億円」も必要になる状況になります。これまでとの差額は75億円以上となるわけですが、この財源をどのように確保するのかという問題が生じます。これまで蓄えてきた基金の取り崩しや市債の発行による対応が想定されますが、いずれにせよ、今後老朽化した公共施設等を立て直すためなどに、近隣自治体よりも『多額の税金を投入』することで『大きな財政的な負担』が生じることになるのは間違いがありません。

     ちなみに、平成22年度から令和4年度まで武蔵野市の市民一人当たりの投資的経費は「約5.2万円」であり、三鷹市は「約3.4万円」と計算されます。武蔵野市は三鷹市の「1.5倍以上」の税金を公共施設等の建設費用・再整備費用として投入してきたということになります。武蔵野市の人口を14.8万人とすると、毎年『約27億円』(=(5.2万円‐3.4万円)×14.8万人)もの多額の税金を三鷹市よりも多く投入したことになります。

    【これまでの投資的経費の実績と今後の投資的経費の想定額】

    3.武蔵野市の第2期公共施設等総合管理計画は床面積を『増やす方針』へ変更!他の自治体は『縮減』するという方針!

     ところで、この武蔵野市の公共施設等総合管理計画は、 ①平成29年に公表された第1期計画では、床面積を『縮減』する方針を打ち出していました ②しかし、松下市政において令和4年に公表された第2期計画では、市民一人当たり床面積を現在の2.04㎡から2.08㎡に『増やす』という方針に変更したということが特徴として挙げられます。

     他の自治体はどうしているのか、という点について調べてみましたが、他の自治体は現在の床面積を維持することは不可能と言及したうえで、公共施設の床面積について、八王子市は20%、立川市も20%、小平市も20%、青梅市は30%縮減』するとし、府中市は3.6万㎡の床面積の『縮減』という目標を設定しています。

     一方、床面積を「増やす方針」を計画にて設定しているのは、唯一、武蔵野市だけです。個人的には、「横ばい」ならまだしも、「増やす」とした市の考えが理解できません。当時の松下市長の方針だと思いますが、武蔵野市の未来のことを真剣に考えていたら「増やす」ということにはならなかったと考えます。

    4.『縮減』すると他の自治体は強い『危機感』を持っている!武蔵野市の未来のためには『行財政改革』の一環として『縮減』の議論は避けられない!

     縮減しようとしている自治体は、 
    ・公共施設の老朽化が進む中で 
    ・人口減少や少子高齢化が想定されている状態で税収が減少し 
    ・更に昨今の建設費高騰で財源不足が顕著になること
    にに強い『危機感』を持ち、『縮減』に向けた取り組みを図るとしています。

     その取り組みについては以下の表にまとめてみましたが、
    ・削減目標を設定
    ・エリアマネジメントを行う
    ・長寿命化・集約化
    ・学校を軸とした街づくり
    ・民間活力の活用
    を行うというものです。 

    【床面積の縮減に向けた各自治体の主な取り組み】

     様々な市民の方が関わっている公共施設等について、その床面積を『縮減』するというのは簡単に割り切れるものでもなく、非常に心苦しいところではあります。しかし、現状の武蔵野市の床面積の大きさとその再整備等に係る財政負担のことを考えると、武蔵野市民の生命と財産を守るためには、『行財政改革』の一環として、公共施設等の床面積を『縮減』することについて検討していくことは避けてはならないと思います。 

     ただし、各自治体の計画で言及された留意事項には、「市民との情報共有・意見交換」、「再整備を議論する体制」、「提供するサービスの優先度」などが挙げられています。

     極めて難しい対応になりますが、市民の皆様に武蔵野市の財政状況や公共施設等の状況を示して共有・ご理解いただき、『優先順位等』を踏まえて、『縮減』についてどう考えるのかなどについて市民の皆様の声を丁寧に聞きながら『縮減』するかしないかなどを含めた公共施設等再整備の方針について、一日も早く方針を決定していく必要があると考えられます。

     できるだけの多くの市民が同じ方向を向き、健全で魅力ある武蔵野市をつくり上げるために、思想関係なく執行部も議会(議員)も真剣に向き合わなければならない重要な問題だと思います。


     以上、武蔵野市の財政の特徴②として、「武蔵野市は公共施設の床面積が多く建設費高騰の影響もうけて財政を大きく圧迫!」についてお知らせしました。

     長文にも拘らず、最後までご覧いただきありがとうございます。


     この財政関連についてシリーズで今後もお知らせする予定ではありますが、東京都知事選挙期間に入ることから、控える方が無難という選挙管理委員会の意見もあり、今後のお知らせは都知事選挙以降になると思われます。

     引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

    武蔵野市議会議員
    小林まさよし


  • 武蔵野市の財政の特徴①~武蔵野市は圧倒的に財政的に豊かな自治体!

    こんにちは!
    いつもお世話になっております。
    6月17日に開催されました本会議にて一般質問を行いました。

    大きく3つの質問をしましたが、そのうちの一つが『行財政改革』に関する市の考え方を含めた『財政関連』についてでした。

    その概要をお知らせしたいと思います。
    ただし、一度ではお知らせしきれないので何度かに分けて武蔵野市の財政の状況をご報告させていただきたいと思います。

    今回は、特徴のその①として、『武蔵野市は圧倒的に財政的に豊かな自治体!』であるということを下記の通り、ご報告いたします。すでにレポート等で繰り返しお知らせしている内容となりますが、ご容赦願います。



    <一般質問について>

     一般質問とは、議員が、行政について、市民の福祉の向上のために持った問題意識や要望を投げかけて、市長など執行部の考え方や施策について報告を求めたりするものです。
     今回の一般質問では、小美濃市政となったことや昨今の建設費高騰などの変化がありましたので、改めて、市が『行財政改革』を含めて今後の『財政運営』についてどのように考えるのか等について質問いたしました。


     私個人としては、少子高齢化・人口減少の社会の到来、これに加えて建設費高騰による財政上の負担が大きく増加することを踏まえると、武蔵野市には『行財政改革』がこれまで以上に必要性が増したと強く感じており、『危機感』を持って対応していかなければならないと考えています。今回の一般質問の機会においても、私以外にも、大野議員、宮代議員、本多議員、東山議員が、公共施設の在り方、契約(入札や随意契約の問題など)の在り方などについて質問していました。『行財政改革』に関連した質疑であったと認識しています。

     会派も議員も限定されているものの、これだけの議員が取り上げていることを、執行部は強く認識して、今後『行財政改革』を強力に推進していただきたいと考えています。

     なお、私を支持頂いた方には、私の財政に関する問題意識に共感してくださる方が多くいらっしゃいます。私が『武蔵野市議を志した原点』といえる問題でもあります。
     この問題については、これからも支持者の皆様のご期待に応えるように、議会内外でしっかりと訴えてまいります


    【武蔵野市の財政の特徴①~武蔵野市は圧倒的に財政的に豊かな自治体!】

     税収の状況を見るのに、市民一人当たり市税という指標がありますが、令和4年度の武蔵野市の市民一人当たり市税は29.2万円となっています。担税力のある市民の方々に支えられて、近隣自治体と比較しても圧倒的に高い水準です。 

     (注)市民一人当たり市税が高いというのは、武蔵野市の税率が高いというのではありません。土地価格が高いなどから固定資産税が他の自治体よりも多くなること、また、収入の多い方が他の自治体よりも多いということが影響しています。

     隣の三鷹市の市民一人当たり市税は21.0万円ですが、この水準は多摩26市の中でも4番目の水準です。2番目が立川市の22.4万円、3番目が府中市の21.2万円となっています。

     この市民一人当たり市税ですが、三鷹市との差は8.2万円となっています。武蔵野市民が14.8万人とすると、120億円(=8.2万円×14.8万人)以上の財政的な豊かさがあるということになります。武蔵野市は、三鷹市よりも1年間あたり120億円以上も様々税金を投入できるとても豊かな自治体です。  

     問題は、この120億円の使い方を誤れば未来の大きな負担になり得るということです。未来を見据えて有効に活用されなければなりません。 

     しかし、残念なことに、このシリーズで概要をお知らせすることになると思いますが、武蔵野市の財政運営は明らかに『高コスト化』が進んでいて、将来的に大きな負担が残る可能性がある状況になっています。 

     小美濃市長からは、「これまで以上に財政規律について厳しく対応していく」という答弁がありました。強い危機感をもって行財政改革に当たっていただくことを期待していきたいと思います。

    【令和4年度市民一人当たり市税】


     なお、令和4年度武蔵野市の市民一人当たり歳出額は50.7万円です。以下の表のとおり、近隣自治体よりも市民一人当たり10万円以上多い税金を使っているということになっています。

     武蔵野市が担税力のある市民の方に支えられた結果、歳出の面からも武蔵野市は本当に財政的に豊かな自治体であることをご確認にただけると思います。

     *この50.7万円の税金の使われ方については、後日、お知らせしたいと思います。

    【令和4年度市民一人当たり歳出額】

     


    以上、今回は、武蔵野市が『圧倒的に財政的に豊か』であることを、市民一人当たり市税及び歳出の観点からご報告させていただきました。
    次回は、『公共施設等の保有量が大きく、建設費高騰の影響を受けて財政を圧迫』として、武蔵野市の財政上の特徴②をお知らせしたいと思います。

    引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

    武蔵野市議会議員
    小林まさよし